こんにちは。今日はイルチブレインヨガ式ウォーキングをご紹介します。

イルチブレインヨガ式「歩いて健康になる方法」
いま、「体」と「脳」の関係に注目が集まっています。脳科学の進歩によって、脳が心身の健康に与える影響の大きさが明らかになってきたからです。イルチブレインヨガは、現代脳科学と東洋医学から生まれた健康法です。全国のイルチブレインヨガのスタジオでは、「運動で脳活性を促し、脳活性によって体を健康にする」という考えのもと、さまざまなエクササイズを実践しています。

イルチブレインヨガの健康法の一つが、歩くことです。ふだんの歩き方を変えるだけで、単なる歩行が立派な「健康法」に変わります。今日は、イルチブレインヨガならではの脳を健康にするウォーキングを紹介します。

まず、ご自分の歩き方を振り返ってみてください。歩くとき、足の裏のどの部分が最初に地面につきますか?かかとが最初についている人は、重心が後ろにある人です。この場合、肩と首が後ろにそっているため、脳への血液の供給が滞りがちになります。

歩くときにしっかり踏みたいのが、「湧泉」(ゆうせん)というツボです。湧泉とは、足の裏を三等分したとき、前方の三分の一にあたるところで、「人」という漢字の二画が分かれるところです。

歩くときに湧泉をしっかりと踏むことで、つま先まで力が入ります。足の指は、体の中でもっとも神経が多く集まっているところです。ここを刺激することで、脳活性化が促されます。

湧泉を意識して歩く健康ウォーキングを、イルチブレインヨガでは「ジャンセンウォーキング」と呼んでいます。ジャンセンウォーキングは、普通のウォーキングより3倍の運動効果があるとされます。ながらエクササイズにも最適!

ジャンセンウォーキングをしていると、つま先から頭のてっぺんまで、エネルギーが通るのを感じることができます。ぜひ一度、お試しください。

イルチブレインヨガの「数字の11歩き」で歩くジャンセンウォーキングを紹介します。アンチエイジングと脳活性化に効果的な脳トレーニングです。

私たちは子供のころから、机の前にじっと座り、頭で理解する勉強をしてきました。しかし、頭を使っているだけでは、脳が疲れてしまい、勉強の効率は悪くなります。

やはり、頭だけでなく、体も使うべきです。体を動かせば、脳にエネルギーと酸素が供給され、頭の回転もよくなります。気分もスッキリして、集中力もアップします。

体から脳を元気にするもっともカンタンな方法は、歩くことです。歩けば脳内ホルモンがたくさん分泌され、脳活性化が図られます。

イルチブレインヨガの「数字の11歩き」のウォーキングは、両足のつま先を数字の11のようにそろえ、両膝が軽く擦れるように歩く運動です。通常の倍の運動効果がある「ジャンセンウォーキング」の基本となる歩き方です。

両足のつま先をそろえることで、姿勢が良くなり、体の中のエネルギーと血液の流れがスムーズになります。ひざや股関節のひねりや歪みがなくなり、膝が丈夫になる効果が期待できます。

正しい歩き方は、人を美しく元気にさせ、アンチエイジング効果も発揮します。実際の年齢より若く見える人、年を取っても情熱と覇気にあふれている人は、正しい歩き方ができる人です。

イルチブレインヨガのジャンセンウォーキングで、脳活性化と健康、そしてアンチエイジングを実現しましょう。

イルチブレインヨガのジャンセンウォーキングで、健康になろう!
イルチブレインヨガのジャンセンウォーキングで、健康になろう!