夢は抑圧された意識を解消するだけでなく
未来を予知するような内容も見せてくれます。
これをよく活用すれば、夢の中の世界を
あなたの世界にすることができます。

 

現実で必ず解決しないといけないのに
うまくいかない問題があるときに
夢を活用します。

もしあなたが夢を見たことがないのであれば
まず、「毎日1つ夢を見る」と心に決めます。
そして、寝る前に、その思いを脳に伝えます。

また、夢をより鮮明に覚えておくためには
寝る前に「夢を忘れないで」と
自分に強くメッセージを送ってから
枕元にノートとペンを用意して寝ます。

そして、目覚めると一番に
夢で見聞きした内容をノートに書きとめます。

これを、夢の中のスクリーンを完全に
コントロールできるようになるまで繰り返します。
そして、これに確信が持てるようになれば
スクリーンにあなたが願う質問をします。
スクリーンに、質問を入れる箱を作り
そこに質問を入れるのです。
すると、スクリーンに答えが浮かび上がります。

夢を意識するようになれば
夢の中のブレインウィンドウが
あなたの意識の中に入り
答えを提示してくれるのです。

一指 李承憲(イ・スンホン)