いつでも丹田♪

皿まわしブーム到来?!

五反田 健康 ヨガ インストラクター みちこです♪

お陰さまで、「皿まわし」興味をもって体験してくださる方が増えていて、とても嬉しく思います♪

突然ですが、私がトレーニング中によく使う言葉ランキング☆

1位 丹田
2位 笑顔
3位 肩の力を抜いて

あまり普段意識はしていませんでしたが、
ちょっと観察してみたら、ダントツで「丹田」とばかり言っていました(笑)

今日は、どのエクササイズでも共通して大切な「丹田」について。
特に、臍下丹田(下丹田)について。

「丹田(たんでん)を意識する」、「臍下丹田に力を込める」
1度は耳にしたことがあるかもしれません。

丹とは、気エネルギーを指し、
田とは、そのエネルギーを貯める器を指します。

当然のことながら、解剖学的には丹田は存在しなく、目に見えない気の世界で存在します。

いろいろな説がありますが、だいたいの位置としては臍下5㎝奥5㎝とお伝えしています。

下丹田はすべてのエネルギーの根源であり、 この部分のエネルギーを充実させることで、
健康はもちろん、自然と自信がつき「決断力」が発揮できるようになるともいわれます。

昔の人は、決断力を、胆力といい、腹の力がないと、
物事の遂行力がないといわれていました。よって決断力も「気」に過ぎない。ということ。

気の世界は目には見えませんが、
日本では、和式の生活の中で自然に丹田は活かされていましたし、
茶道・華道、相撲や柔道などのスポーツの中で、能・狂言等の伝統の中でも活かされてきました。

こちらでは、丹田の感覚・中心の感覚・バランスのとれた0点などと表現することもあります。

見えないので、体験して感覚を掴むしかないのですが、
丹田を意識すると、エクササイズや呼吸の深さが確実に変わります。

しかし、大切なのは丹田を鍛えて、丹田の感覚を回復して、
私はどうなりたいのか?私の願う私の姿は?私が願っていることは?
それは、私も日々問い続けています。

何をするにも、どんな意識でするかで、深さが変わります。
エクササイズ1つ、ただの運動にもなるし、修練にもなるし、修行になると話します。

でも、難しくはないです♪ つま先を叩いて、皿をまわして、笑っているだけです(笑)
自分と向き合う時間☆気軽に体験してみてください♪

良い1日をお過ごしください。

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

にほんブログ村←クリックお願い致します♪