体験者の声

今回は、1年トレーニングされ、心も体も自然体になられた会員の Hさんの体験談です。

ブレイントレーナーの資格も取られ、ボランティアでブレイン体操をされるまで成長され、ご自分もまわりもハッピーにされる方です。

 

イルチブレインヨガを1年受けて

4番チャクラトレーニングでは、大声を出すことにより心がとても解放された氣がします。
大人になってからは、「大声を出す」ということが全くなかったので、最初は恥ずかしくもあり、中々できませんでした。
しかし、何度も練習するうちに、大声を出すととてもスッキリし、今まで味わったことのない爽快感を感じ、また心もスッキリしていることに氣付きました。
PBMでは、無我を体験し、本当にこんな感覚ってあるんだ!と思えるような、心が開いて何でもできる感覚が押し寄せて来て、まるで生まれ変わったようで清々しく、とても氣持ちが良かったです。
ブレイントレーナーとしてHBC活動で高齢者にブレイン体操を伝えるようになり、高齢者の方と接し皆さんが笑顔になり喜んでもらえると、こちらも本当に幸せな氣分を味わえます。
それは、欲しい物を手に入れたような一時的な喜びではなく、心の中から湧き上がってきてとても温かい氣持ちになれます。
丹無道を受けたことにより、ガチガチに固まっていたからだがゆるむ感覚が少しずつ分かるようになってきました。
わたしは首・肩・腕など上半身が常に緊張している状態でガチガチですが、自分ではその自覚が全くないため、最初のうちは、トレーナー先生に「緊張しなくても大丈夫」「肩(腕)の力は抜いて」と言われても自分ではそんなつもりは全くないので、言われる意味がよく分かりませんでした。
しかし、回数を重ねる毎に、ふと力の抜ける感覚が出てきたり、エネルギーが通る感覚があり、とても楽しくなりました。
力の抜けたからだの状態は、とても楽で心もリラックスでき、からだに力の入った状態がいかに不自然でしんどいことかを体感できました。
神明修練では、自分の魂を感じることができ、時には自分でも理由の分からない涙が流れます。
以前、いつも中に小さく閉じ込めていた魂が、修練により大きくなり「やっと出られる」と涙とともに首を通り抜けていく不思議な体験をしました。その後はとても心がスッキリとしていました。
これらのトレーニングを1年受けることにより、本当にたくさんの変化がありました。
わたしはかなり慎重な性格なので、確実に成功しそうなものにしかGOを出さないところが強いのですが、今は氣になるものがあれば軽い氣持ちでまずはやってみようという氣持ちになりました。
そして以前は、胸を張って自分のことを好きだとは言えませんでした。好きの基準が、他人からの評価という基準しか持ち合わせていなかったので、外見的なものでしかなく、更にそれは本当の自分を知っている自分とはギャップがありすぎて、全く納得のできるものではなかったのです。
それが、今では毎日が充実して、楽しんで努力をする自分を愛おしく感じます。
人間関係においても、こちらが心を開いて接すると、相手も開いてくれるのでとても楽で、疲れません。
そして、嫌なことがあっても、あまり深く考えたり落ち込まなくなりました。
また、わたしは甲状腺の持病があり、症状は落ち着いているので、薬は飲んでいなかったものの、血液検査の数値は少し高い状態が何年か続いていました。それが、先日1年以上振りに血液検査を受けたところ、全て正常値に入ってました。
驚き・喜びとともに、人間の自然治癒力って本当に素晴らしいものだと感動しました。
これらは全てイルチブレインヨガに出会わなければ体感できなかったことであり、現在イルチブレインヨガに出会わなければ歩まなかった人生を歩んでいます。
大袈裟かもしれませんが、今、「生きている!」という感覚を味わい、ワクワクした日々を送っています。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう