希望の手紙

こんばんは♪

イルチブレインヨガ五反田スタジオです★

久しぶりのブログになりました(^_^;)

今日は希望の手紙をお届けします。

 

 

コロナが気づかせてくれた共生の価値

コロナウイルスは依然として私たちを脅かしていますが
それでも少しずつ希望が見えます。
ワクチンも開発され、治療薬も開発中なので
いつかは終わるだろうという期待感があります。

しかし、今のまま人間が生態系を破壊し
それによる気候変動が続けばコウモリ以外にも様々な生物が致命的なウイルスを抱え
周期的に人類を脅かすと
生態学者は警告します。新型コロナのパンデミックは根本的に
地球の環境問題から始まった問題なのでしょう。
今この瞬間にも地球は様々な方法で私たちに警告を送っています。
それで「共滅か、共生か」を問います。人類は、地球の懐で自然と共生し
共存できるでしょうか?
私達はどのように共生すべきでしょうか?
今日はコロナが教えてくれた共生の価値について考えてみませんか?

一指 李承憲(イ・スンホン)
 

 

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう