脱低体温!①腸から冷えとり 

こんにちは♪

秋の健康応援♪ 五反田 ヨガ インストラクター みちこです♪

先日のブログで「冷え症」「低体温」について書かせていただきました。

先日のブログにもありましたが「低体温症」とは心臓や脳、内臓の深部体温が下がってしまっている状態のこと。

ヒトでは直腸が35度以下の状態を指し、自覚症状がないことがほとんどです。

今日は、腸に働きかけることのできるトレーニングをご紹介させていただきます。

☆腸運動(腸呼吸)で、腸が変わって体が変わる!
腸運動

イルチブレインヨガの代表的なトレーニングに腸運動(または腸呼吸)があります。

これは、お腹を膨らませたり、引っ込めたりする動作。シンプルですね☆

呼吸に合わせて行ってもいいし、ただ最大限に膨らませる、引っ込めるを繰り返すだけでOKです。ポイントは、意識を*丹田におくことです。

*丹田って?→東洋医学で,臍(へそ)の下5cm奥5cmあたりをいう。全身の精気の集まる所とされる。 

腸運動は、お腹の3層になった筋肉のうち、最も内部にある深層筋を動かすことになります。

これにより、体の内部からエネルギーが起こり、内臓全体を温めて活性化します。

最初は硬かった腸がだんだんと柔らかくなり、

お腹が大きく動くのが感じられるようになると、体全体がポカポカと温かくなり、体の循環がよくなっているのが分かります。

腸は気血循環の要で、健康の要です!

簡単なトレーニングでありながら、正しいポジショニングや

ちょっとしたコツで効果をさらに引き出すことのできるトレーニングです。

始めは50回くらいから、100回、300回…1日に1000回くらいを目標に継続されると

体質改善が期待できます。

まずは、21日以上100日間は継続することがオススメです☆

腸が変わると体が変わる!ちなみに私は会員時代に1日3000回をして2週間くらいで

明らかに体の変化を感じました!

冷え、肩こりの改善、呼吸も深くなりました。しっかりと地に足がつく感覚。

ものすごく、地味で簡単、誰でもできるシンプルなトレーニングでありながら

その効果は大きく素晴らしく感じました。

体験お待ちしていま~す♪

 

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村←クリックお願い致します♪