秋の気配

こんにちは(*^_^*)
イルチブレインヨガ五反田スタジオです♪

9月に入り、朝晩は若干、心地よい風を感じるときがありますね。

~秋立つ日よめる~
秋きぬと 目にはさやかに 見えねども 風の音にぞ おどろかれぬる
(藤原敏行 古今和歌集)

東洋医学では
「六気」という自然界の気候の六つの状態があり、
この「六気」が《発病の原因》となったときは
「六淫(ろくいん)」になり、○+邪 と呼ばれるようになります。
病状の発症には、
六気は【外因】と呼ばれ、【内因】とよばれる
自身の内部から発生するものがあります
それは「七情」と呼ばれます。

そのような考え方から秋を見てみると、
秋は《憂》《悲》の感情が出やすい季節になります。
また、過度な《悲しみ》は生きる気力を失わせ《肺》を傷つけ
せき、喉の乾燥や痛みをひきおこします。
こころが鬱々として楽しめない《憂》の状態のときは、気が縮んで
肺からひいては脾(消化器官)を傷つけることに繋がります。
猛暑で食欲が落ちたり、
冷たいものの摂りすぎで胃腸の弱っている方は用心してくださいね。

秋は風が強く、地の気は澄んで冷たく、万物は色を変えていきます。
早寝早起きをこころがけ
春夏と外に向かっていた気を少しずつクールダウンして
内へと収めていきましょう。
特に呼吸が大切!
丹田に気を収めるトレーニングは、
心身の健康やバランスを整えるのに、とても効果的です。
スーパーでは、梨が店頭に並ぶのをよく見るようになりました。
この時期『梨』が清熱効果もあり、秋の乾燥を防いでくれます。

「秋の瓜は腹を壊す」と言います
体を冷やす瓜類は、そろそろ控えるようにしましょう。

季節の変化を楽しみながら、充実した毎日をお過ごしくださいませ♪