詳しくBHPのポイントお伝えします。

BHPは爪の際を刺激するのですが、詳しいポイントが記載されたページがない様なのでご紹介します。

ポイントは爪のキワですが、爪ではなく皮膚の上になります。

↑赤印の部分です。

「あ!痛い!」と体が熱くなったり、涙が出たり、頭が真っ白になる様な”SSポイント”をイルチブレインヨガで探してみませんか?

冷え症に効くエクササイズ① ~毛管運動~

冷え症は血液、気エネルギーの循環が滞るため現れます。
毛管運動は写真の姿勢で手足を振る事により丹田のエネルギーが体の末端までひろがり、体が熱くなります。そして指先、つま先からは濁ったエネルギーが抜けていきます。
振動は細胞や骨まで強化させ、脳への酸素供給も促します。
1分実施し、少し休んで再度1分間繰り返します。1セットでも体がポカポカしますが3~5セット行えば更に効果的です。
是非お試し下さい^^

 

頭痛や鼻炎などに効く健康法~足三里叩き~

足三里は膝のお皿の下外側にあるツボです。
ココを叩くと、消化の促進、呼吸器官、心臓疾患、鼻炎や頭痛、循環器系の不調を緩和させます。

方法はこぶしで左右両側をかるく100回程叩くだけ。とっても簡単です。
是非お試しください^ ^

自然治癒力回復健康法~へそヒーリング~

へそヒーリングは臍のまわりを押すだけ、とても簡単で効果的な健康法です。
指で押す事も可能ですが、へそヒーリング専用ツールが有ればさらに効果は深まります。
緊張、ストレスの緩和リラックスに絶大な効果がありますが、頭痛、不眠、腰痛など効果がないものは無いといっても過言ではないほど素晴らしい健康法です。

下記の様に5分程度へそヒーリングをするだけで、活力が蘇ります。
①へその周り360°を押していくと痛い所、固い所があります。押す角度を少し変えるだけで
②ヒーリングポイントを見つけたら、そこをゆっくり押したり、リズミカルにポンピングします。すると一時的に更に痛む事もありますが、徐々に痛みが抜けていきます。
③深呼吸で終えます。

これから風邪が流行る季節。ストレスで体が弱ると風邪もひきやすくなります。へそヒーリングを皆さまの健康管理にご活用頂ければ幸いです^-^

歩く健康法、ジャンセンウォーキング

今日はすぐに実践できる健康法 ジャンセンウォーキングをお伝えします。
皆さんはかかとに体重が乗って、がに股であるく「会長歩き」になっていませんか?
この歩き方を改善するだけで膝、腰、肩の不調がよくなるはずです。

ジャンセンウォーキングは、つま先を水平11時にして立ち、足裏を三等分して前のへこんでいるツボ湧泉を床に押しつけながら、足指で床を掴むようにしながら歩きます。
こうすると下腹に力が入り背筋はまっすぐ伸びるはずです。この姿勢が取れれば脳脊髄液の循環がよくなり頭がスッキリ冴えて、体の痛みもやわらぐはずです。

瞑想をはじめませんか?イルチブレインヨガの瞑想②

イルチブレインヨガの一般トレーニングには瞑想の時間が2回あります。
1つは前回のブログでお伝えしたブレインメディテーション、もう1つはエネルギー瞑想です。
エネルギー瞑想は指先、手のひらの感覚にひたすら集中し、第六感を活性化させる瞑想になります。
それを続けるとエネルギーを通じて内部意識に入り、慌ただしい日常生活で忘れていた本当の自分を感じる事ができます。

ストレス、感情もエネルギーです。これらをリセットする効果的な瞑想法がイルチブレインヨガの瞑想です。

瞑想をはじめませんか?イルチブレインヨガの瞑想①

一般的に瞑想とは、考えを静めて何かに集中する事を指します。自分自身の内部意識に集中する事で脳波が安定し心が穏やかになります。
しかし雑念が頻繁に浮かぶため、それが容易ではない事を経験した方も多いはずです。

しかしイルチブレインヨガの瞑想(ブレインメディテーション)は初心者の方でもコツをつかみやすいはずです。
ずっと同じ姿勢で座って瞑想とは異なり、音楽のリズムに合わせて体を振ったり叩いたりします。すると自然と生命のリズムが感じられ自分自身に集中できるはずです。